フラ・フィリッポ・リッピ


プロフィール

生誕/死没

1406年~1469年

イタリア

代表作

受胎告知

フラ・フィリッポ・リッピ「受胎告知」

受胎告知はルネサンス時代に非常に人気があったキリスト教の主題です。フィリッポ・リッピだけでなく、多くの画家が同じ主題で描きました。

聖母戴冠

画像_フラ・フィリッポ・リッピ「聖母戴冠」

これは彼が30代の頃の大作です。まだルネサンス以前の形式的な絵画様式が残っている感じがします。ルネサンスの最初期から絶頂期へ向けての過渡期らしい作品です。

フラ・フィリッポ・リッピ「聖母子と二天使」

画像_フラ・フィリッポ・リッピ「聖母子と二天使」

フィリッポ・リッピ晩年の作品。フィリッポ・リッピらしさが存分に表現されている作品。右下の天使のカメラ目線の微笑みに豊かな人間性を感じます。

プロフィール

生まれや環境

フラ・フィリッポ・リッピは、ルネサンスの真っ只中であった15世紀前半頃に活躍したフィレンツェ派の画家です。

フィレンツェの町の肉屋さんの子どもとして生まれたフィリッポ・リッピは、生まれたときに母親を、2才の頃に父親を亡くし、幼くして孤児になって修道院で育ちました。そのまま、修道士となったフィリッポ・リッピでしたが、幼い頃から腕白で、その上、様々な女性と浮名を流すような色男(女好き?)だったようです。(イケメンだからそうだったのかは分かりませんが…笑)色男エピソードは後で枠をとって書かせていただきますね。

さて、そんなフィリッポ・リッピですが、とにかく子どもの頃から勉強嫌いだったようで、修道院の人たちも随分と手を焼いたようです。勉強が大嫌いだったフィリッポ・リッピにも興味が向くものはあって、それこそが絵だったのです。彼が育った修道院の礼拝堂にはフィリッポ・リッピより数年先に生まれた大画家マザッチョの絵が描かれており、フィリッポ・リッピはその絵に影響を受けたと言われています。それから若き頃のフィリッポ・リッピは見よう見まねで礼拝堂の壁などに絵を描き始め、後に歴史に残る画家となるわけです。

フィリッポ・リッピの画家としての最初の転機は、当時のフィレンツェの権力者コジモ・デ・メディチが彼の絵を気に入り、フィリッポ・リッピのパトロンとなったことでした。それにより彼は、画家として活躍する足がかりを掴んだのでした。

ですがその後、30歳近く年下の修道女に入れ込んだフィリッポ・リッピは駆け落ちし、絵を描くことに専念させようとしていたパトロン、コジモ・デ・メディチの目を欺いて逃げてしまいます。

(後で書きますが、フィリッポ・リッピはその駆け落ちした修道女との間に子どもをもうけ、その子どもも後に著名な画家となります。)

そんな破天荒な画家フィリッポ・リッピは、イタリア中部の町スポレートへ家族で移住して壁画の制作に励んでいる最中、完成を見ることなくその生涯を閉じます。

愛情を追いかけた画家

フィリッポ・リッピが修道士らしからぬ女好きな画僧であったことは先に書いたとおりですが、修道女との駆け落ち事件のときはまさにドラマのようなやり方でコジモ・デ・メディチの監視から逃げおおせたようです。

その方法とはなんと、夜中に自分のベッドのシーツを切り裂いてロープのようにし、それをつたって窓から脱走した、といったものでした。

フィリッポ・リッピが夜中にシーツでロープを作ってまで会いに行きたかった修道女はルクレツィアという名前で、以前に聖母マリアの絵のモデルをやった女性でした。この駆け落ち事件のときのフィリッポ・リッピは50歳前後。一方のルクレツィアは23歳(19歳という説も!)。お盛んなおじさんですね。

駆け落ちに気付き、いったんは怒って連れ戻したパトロンのコジモ・デ・メディチでしたが、「まったく、やれやれ…」と温かい心(と、呆れ)で、フィリッポ・リッピを許したそうです。こういう懐の深いパトロンだったからこそ、自由すぎるフィリッポ・リッピが大成できたのでしょうね。

さらにコジモは法王もとりなしてあげ、結局法王はフィリッポ・リッピが修道士を辞めて一般人となり、ルクレツィアと結婚することを許したそうです。

ここからは私の考えですが、きっとフィリッポ・リッピは心の底から安心できる真の愛を追いかけ続けていたのではないか、と思います。そしてその確かな愛を、ルクレツィアに見い出したのでしょう。

この人間味あふれる画家の存在は、中世までの禁欲的な世界から脱皮し、「人間らしさに目を向けよう!」としたルネサンス期において、象徴的であったと私は思います。

まぁ、ちょっとやりすぎ感はありますが。笑

作風

だんだんと人間味を帯びる

初期の頃のフィリッポ・リッピの絵は、彼が影響を受けた先輩、マザッチョがそうであったように、どことなくぎこちなさを感じるものでした。それはいかに長い間、二次元的に描く中世の慣習が絵画の世界を縛り付けていたかを物語っています。

フィリッポ・リッピは、コジモ・デ・メディチがパトロンにつき安定して仕事を受けるようになってから、グッと技術力をアップしました。より遠近感を意識して描くようになり、当時を代表する画家として申し分ないレベルにまで到達していると思います。

ですが、彼の真価はその後にありました。ここでまた登場するのが最終的にフィリッポ・リッピの妻となったルクレツィアです。

彼はルクレツィアとの間に子どもを一男一女をもうけました。熱情的にルクレツィアを愛していたフィリッポ・リッピは、子どもたちも同様に深く愛しました。実は、根拠こそないですが、代表作で紹介した「聖母子と二天使」で描かれている幼児のイエスの姿は、1人目に生まれた息子をモデルにして描いたのではないか、と言われてもいます。もしそうだとすれば、主題こそキリスト教でありながら、この絵は人間の家族愛の姿を描いたものと言えるかもしれません。素敵なことですね。

なお、幼児イエスのモデルではないか、と言われているフィリッポ・リッピの息子が、後にルネサンス後期で活躍する画家となるフィリッピーノ・リッピです。

同世代のライバル、フラ・アンジェリコ

同じフィレンツェ派の画家、フラ・アンジェリコはフィリッポ・リッピとは真逆で、非常に敬虔なキリスト教徒だったそうです。フラ・アンジェリコについては彼の記事で書こうと思いますが、人柄は温厚で謙虚、自らの信心を体現したような慎ましい絵を描きました。後の美術評論家から「完璧な人」とすら言われたそうです。

2人の対照性は作品にも表れており、やはりフラ・アンジェリコの方が中世的な要素が強い印象があります。要するに二次元的な表現、ということですね。一方のフィリッポ・リッピは、先ほど書いたとおり、最終的には非常に人間的な柔らかい表情の人物像が描くようになりました。

当時は2人とも揃って人気画家でしたが、すでに人間らしさが肯定されている世の中に生きる我々からすると、もしかするとフィリッポ・リッピの描く柔らかい表情の聖母子やかわいらしい微笑みをたたえる天使などの方が、魅力的に映るかもしれません。

ちなみに余談ですが、この2人の名前に共通して入っている「フラ」という言葉は、修道士であることを意味しています。ですので、フラ・フィリッポ・リッピは、「修道士フィリッポ・リッピ」ということを表しています。