ヨハネス・フェルメール


プロフィール

生誕/死没

1632年~1675年

ネーデルラント(現在のオランダ)

代表作

真珠の耳飾りの少女

画像_ヨハネス・フェルメール「真珠の耳飾りの少女」

日本でも高い人気のあるフェルメールの絵。目の覚めるようなターバンの青が黒い背景に映えます。

牛乳を注ぐ女

画像_ヨハネス・フェルメール「牛乳を注ぐ女」

日本ではたびたびフェルメール展が開催されるが、そのポスターのメインイメージとなったこともある、フェルメールの代表作の一つ。

窓辺で手紙を読む女

画像_ヨハネス・フェルメール「窓辺で手紙を読む女」

ここは自室であろうか?もしかすると恋人から送られてきた手紙かもしれない。などと、想像が膨らむ作品ですね。

プロフィール

生まれや環境

フェルメールの本名は「ヤン・ファン・デル・メール・ファン・デルフト」で、デルフト在住のファン・デル・メールさんという名前です。

実は一般的に呼ばれているフェルメールという名前は、この「ファン・デル・メール」という苗字を短くしたものなのですが、何故そのように名前を短縮したのか、理由は分かっていません。

ネーデルラントのデルフトという町で生まれたフェルメールは、生涯ほとんどデルフトから出ることがありませんでした。

というのも、彼の父は絹織物の職人でありながら、町でパブと宿屋を営んでいたのです。フェルメールは後々父親のお店を継ぎ、そこでの収入を自らの画業のために利用しました。

フェルメールはどういう人生を送ったか、あまり多くのことが分かっていない画家でもあり、誰に師事をして絵を学んだのか、生涯で何点の作品を作ったのか、詳しくは分かっていませんが、20歳頃にカタリーナという女性と結婚し、後に15人の子どもをもうけ、また、若いうちから風俗画家として大成していたようです。

ただ、1670年代にイギリスとオランダの間で戦争が起こると、ネーデルラントの国力は徐々に衰退していき、フェルメールの絵はついに一枚も売れなくなってしまったそうです。結果として裕福だったカタリーナの母親も莫大な負債を背負い、フェルメールの子どもたちもまだ成人していなかったことから、晩年は借金に追い立てられる不遇な境遇だったようです。

悲しいことに、借金で首が回らない状態のまま、フェルメールは43歳(42歳という説も)で亡くなったようです。

真作の数

絵が何度も来日していることもあり、日本では非常に馴染み深い画家であるフェルメールですが、実は彼の真作と言われている作品は30数点しかないと言われています。

記録上に残っている絵はもう少しあるようですが、実際に現在も鑑賞することができる絵はその30数点しかないんですね。

また、現存する彼の作品で、素描や習作は見つかっていないようで、残っている作品は全て油彩画です。

作風

描き方の特徴

パッと見ると全体的に非常に丁寧に繊細に描いているように見えますが、実は人物と背景で描き方が結構違います。

人物に対して背景は結構描き方が荒いです。ですが、あえてそうやって描くことで、スポットを当てるべき人物が引き立つようにしています。

またフェルメールは、「ポワンティエ」という描画技法を用いたことでも知られています。

ポワンティエとは、例えば人物などを描くとき、光があたっている部分は明るく描くものですが、その光の当たっている明るさを演出するために、白い絵の具で点々点々…と点描していく技法です。

代表作として挙げた「牛乳を注ぐ女」で描かれているパンなどは、顕著にポワンティエが用いられている箇所です。窓から差し込む柔らかい光がとても自然に美しく描かれていますね。

また、室内の風俗画を多く描いたフェルメールは、キャンバスに描いている絵の遠近法の消失点に画鋲のようなものを刺し、そこから伸ばしたひもにチョークをつけ、遠近感が正しい絵を描いたようです。

実際に彼の描いた作品の消失点に当たる箇所からは、鋲が刺されている跡が見つかっています。

フェルメールの「青」

フェルメールの絵をお好きな方であればご存知かもしれませんが、フェルメールは当時、純金と同じくらいの価値があったラピスラズリという鉱物から生み出される青色「ウルトラマリン」を使用できた数少ない画家でした。

彼がウルトラマリンの青を利用できたのは、彼の努力や画家としての技量はもちろんのこと、環境に恵まれていたことも理由の一つです。

先ほど名前が出てきた、フェルメールの妻カタリーナの母親が非常に裕福で、結婚生活を送っていくうちに認められていったフェルメールに対して、多くの金銭的な支援をおこなったのでした。

画業をおこなうための金銭だけでなく、子だくさんだったフェルメールとカタリーナの子どもたちの養育費も援助していたようです。

さらに、フェルメールが父親のお店を継いでからは、そこでの収入も自分の活動の足しにしていました。

このような環境もあってフェルメールは、後世「フェルメール・ブルー」とまで言われるようになった、ウルトラマリンを使えたのです。

実際、引き込まれるような素晴らしい青ですよね。

隣室のドラマ

風俗画家として活躍したフェルメールは、当時のネーデルラントの庶民の姿を描いた絵が多いのですが、「窓辺で手紙を読む女」のように、まるで隣の部屋から覗いているような視点で描かれている絵が、私は個人的にドラマティックでいいなぁって思っています。

そして、同時代の他のネーデルラントの風俗画家と比べても存命中から人気画家であったフェルメールの真の個性はこのドラマ性にあるんじゃないか、と私は考えています。

構えずに生きている人間の姿を、印象的なストーリーと共に一枚の絵の中に描き出す。そういう描き方ができるのは、フェルメールだからこそなのかもしれません。