新印象主義

どんな絵画? 印象主義の画家たちが実践した「光を描く」という行為を、より科学的におこなった 主に点描画(筆で様々な色を乗せて光を演出) どんな時代背景? 写実絵画の粋を極めた印象主義の絵画を超えるため、様々な絵画表現が生まれた時代 絵画紹介 ジョルジュ・スーラ「グランド・ジャット島の日曜日の午後」 ポール・シニャック「マルセイユの港」

Read more

キュビスム

どんな絵画? ルネサンス美術以来続いていた、一つの視点から描く「一点透視図法」を初めて否定し、あらゆる角度から見たモチーフを一つの画面に収めた 多くの長方形を重ねたり並べたりしてモチーフを表す描き方 難解だがそれまでの絵画の常識をひっくり返すような大発明で、しかも人目を引く絵画だったことから多くの画家たちが影響を受けた どんな時代背景? 世紀末の芸術や印象主義を経て、古い伝統を打ち破る新しい芸術を […]

Read more

アンフォルメル

どんな絵画? ヨーロッパ各地で起こった抽象表現絵画の動向を「アンフォルメル(非定形)」と言う 人間の否定を感じさせるモチーフの形が分からないほどの激しい抽象化 素材感や塗った面の色合いを重視 どんな時代背景? 第二次世界大戦の傷が癒えない時代 抽象絵画が世界的に流行 絵画紹介 ジャン・デュビュッフェ「風景」

Read more

ポスト印象主義

どんな絵画? 先に活躍していた印象主義の画家たちを意識し、「超えてやる!」と躍起になった画家たちの一派 各画家ごとの絵画は共通性がないが、印象主義の新しさを取り入れつつ古典的なモチーフに回帰したり、激しい色を使ったりするなどの工夫が見られる どんな時代背景? 写実絵画の粋を極めた印象主義の絵画を超えるため、様々な絵画表現が生まれた時代 絵画紹介 フィンセント・ファン・ゴッホ「ひまわり」 ポール・セ […]

Read more

シュプレマティスム

どんな絵画? キュビスムを応用して発展した芸術運動「ロシア構成主義」にも大きく影響を与えた絵画形態の一つ 単純な図形の中に全てを表現したのがシュプレマティスムで、抽象絵画の極みといえる どんな時代背景? 17世紀までビザンティン美術が続いていたロシアでは、18世紀にピョートル大帝主導のもと、西洋の芸術家や絵画を積極的に国内に招き、西洋の影響を受けた絵画が生まれ始めた 20世紀になるとロシア独自の絵 […]

Read more

印象主義

どんな絵画? フランスの保守的な美術界からの批判にさらされながら、独立した展覧会を開き19世紀後半に確固たる立場を手に入れた芸術家グループ 屋外で空間、とりわけ光と動きを正確に描写するため、ひと目見て分かるほど筆致が残っている絵画 神話や宗教を扱うものではなく、日常的なものをモチーフにした絵を描いた どんな時代背景? 19世紀中頃のフランスは戦争に突入したり、ナポレオン3世によってパリの改造がなさ […]

Read more

エコール・ド・パリ

どんな絵画? 20世紀前半、各国各地からフランスのパリに集まってきた画家たちの集団(エコール・ド・パリは「パリ派」という意味) グループ展を開いたり、似たような画風の画家が集まったりしているわけではないので、厳密には画家たちの一派ではない 個性的な画家が多く、後世に影響を残した どんな時代背景? 1920年代、芸術の都として世界の芸術家から憧れられていたパリ 絵画紹介 マルク・シャガール「私と村」 […]

Read more

フォーヴィスム

どんな絵画? 目に映る自然の色彩ではなく、原色を用いた激しい色彩とタッチで心で捉えた色を描く絵画(それを見た評論家が「野獣の檻の中にいるようだ」と評したことからフォーヴィスムと呼ばれるに至った) デッサンや構図などのルールより、芸術家の主観や感覚を重視 フォーヴィスムとして画家たちが活動していたのは3年間のみ どんな時代背景? 世紀末を経て開放的になった世の中 世紀末の芸術や印象主義を経て、古い伝 […]

Read more

形而上派

どんな絵画? 形而上とは「自然現象を超えたところに存在する世界」のこと 形而上派の画家たちは、ありえない状況を描き込んだり、不安になる要素を描き込んだりすることで、鑑賞者に不安や謎を抱かせた 物理的におかしい現象や、マネキンや彫刻などが、遠近法が狂っている不自然な世界の中に描かれた どんな時代背景? 戦争へと突入していく世界的な不安の最中 絵画紹介 ジョルジョ・デ・キリコ「不安を与えるミューズたち […]

Read more

アール・ヌーヴォー

どんな絵画? アール・ヌーヴォーとは、「新しい芸術」の意味で、東洋美術やケルト美術に影響を受けてフランスで始まった 絵画としては、グラッフィックアートが流行し、後のデザインに影響を与えた 植物など自然の曲線を用いた従来の様式に囚われない装飾性が特徴 どんな時代背景? 都市化が進み、人々は自分たちの時代に相応しいものを求めだした 絵画紹介 アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック「接吻」 アルフォンス […]

Read more

分離派

どんな絵画? 生活や機能と結びついた新しい造形芸術の創造を目指した 世紀末の官能的、退廃的な雰囲気 華やかさと不安が入り交じる都会の雰囲気 どんな時代背景? 閉鎖的な旧来の美術機構や官営事業化した展覧会への不満が若い芸術家から噴出 若い芸術家たちの不満から、過去の芸術様式から分離した絵画・建築・工芸の革新運動 運動を起こした芸術家集団は、ウィーン分離派、ミュンヘン分離派、ベルリン分離派がある(有名 […]

Read more

ファン・デル・パーレの聖母子

誰が描いた絵? ヤン・ファン・エイク いつどこで描かれた絵? 1436年、フランドル(現在のベルギー、オランダ、フランス) 何が描かれている? 中央に描かれている女性は「聖母マリア」。そして、彼女が抱いている赤ちゃんが「イエス・キリスト」である。 絵の一番右側に描かれているのは、依頼主ファン・デル・パーレの守護聖人「聖ゲオルギウス」。騎士の甲冑に身を包んでいる。 一方で、左側に描かれているのは、フ […]

Read more

ヤン・ファン・エイク

プロフィール 生誕/死没 1395年頃~1441年 国 フランドル(現在のベルギー、オランダ、フランス) 代表作 アルノルフィーニ夫妻像 ターバンの男の肖像 ファン・デル・パーレの聖母子 作風 自ら革新した油彩技法を駆使し、緻密で写実的な絵を描いた ブルゴーニュ公フィリップ3世の宮廷画家として活躍 当時の画家には珍しく、署名と制作日付を自らの作品に書き入れた

Read more

パブロ・ピカソ

プロフィール 生誕/死没 1881年~1973年 国 スペイン 代表作 パイプを持つ少年 アヴィニョンの娘たち ゲルニカ 作風 年代によって作風が異なり、それぞれ「○○の時代」と呼ばれる。 青の時代(1901年~1904年) ピカソが20歳の頃、親友が自殺したことなどを受け、鬱屈とした心のうちを青い色の絵で表現した。 娼婦や乞食、盲人など、不幸な人を主として題材にした。   ばら色の時代 […]

Read more

写実主義

どんな絵画? 理想や空想ではなく、ありのままの現実が描かれた 低賃金で働く労働者や農民などが好んで描かれた 一方で、風景画家たちは独自にパリ郊外のバルビゾン村でありのままの自然を描いた作品を制作(バルビゾン派) どんな時代背景? イギリスで起こった産業革命により貧富の差が広がった 絵画紹介 ギュスターヴ・クールベ「オルナンの埋葬」 オノレ・ドーミエ「三等客車」 ジャン=フランソワ・ミレー「落穂拾い […]

Read more

ロマン主義

どんな絵画? 理論や規則による縛りから解放され、自由な想像によって描かれた 自然の不条理さや、情熱的な恋や、破滅的な死がモチーフ 空想的で劇的な場面がダイナミックに描かれた どんな時代背景? ナポレオンの東方遠征の影響で東方の異国への関心が強まる 絵画紹介 ウジェーヌ・ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」 ウィリアム・ターナー「ミノタウロス号の難破」 フランシスコ・デ・ゴヤ「マドリード、1808年5 […]

Read more

新古典主義

どんな絵画? 古代の厳しくたくましい文化を手本にした絵画 ナポレオン治世下は、ナポレオンの勇ましい姿を描いた絵が多い 宗教画、神話画に加えて、風景画、風俗画、静物画などがジャンルとして確立 どんな時代背景? 1748年に始まった南イタリアにあるポンペイの遺跡発掘から古代ギリシャ・ローマの研究が盛んに 1789年のフランス革命で市民が貴族より力を持つ フランス革命後のごたごたを収拾したナポレオンが皇 […]

Read more

ロココ美術

どんな絵画? 甘美で優雅な絵画 奔放で感覚的 ルイ14世時代の重たくて形式ばった芸術からの反動 どんな時代背景? ルイ14世の絶対王政から解放され、貴族が快楽にふけった時代 国王の力が弱まったのに対して貴族や裕福な市民の力が強まった ルイ15世の愛妾、ポンパドゥール夫人を中心とする宮廷のサロン文化 絵画紹介 モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール「ポンパドゥール夫人」 ジャン・オノレ・フラゴナール「 […]

Read more

バロック美術

どんな絵画? バロックの語源はポルトガル語の「ゆがんだ真珠」 極端な明暗で劇的な演出 宗教画、神話画に加えて、風景画、風俗画、静物画などがジャンルとして確立 どんな時代背景? イタリアの力が衰え、フランスやスペインが国力をつける 地域ごとに独特な芸術が出現 大胆に遠近法を使った天井画が流行 絵画紹介 ピーテル・パウル・ルーベンス「キリスト昇架」 ヨハネス・フェルメール「牛乳を注ぐ女」 アンドレア・ […]

Read more

マニエリスム

どんな絵画? マニエリスムは英語の”マニュアル”=”様式”と同じ語源 人体が細長かったり、遠近法が極端だったり、不安な感じ なんとかしてルネサンスの絵画表現を越えよう!という試み どんな時代背景? 社会が不安定だった16世紀イタリア 宗教改革で揺れるカトリック 調和にあふれたルネサンス時代の絵画への反動 絵画紹介 パルミジャニーノ「首の長い聖母」 ポ […]

Read more
1 2