ジョルジュ・スーラ

プロフィール 生誕/死没 1859年頃~1891年 国 フランス 代表作 アニエールの水浴 グランド・ジャット島の日曜日の午後 サーカス プロフィール 生まれや環境 1859年12月、パリの比較的裕福な家庭に生まれたジョルジュ・スーラは、78年にエコール・デ・ボザール(国立の美術学校)へ入学、その数年後にサロンで素描(デッサン)が1点入選するなど、順当に画家としての人生を進みました。 寡黙で内気な […]

Read more

ヒエロニムス・ボス

プロフィール 生誕/死没 1450年頃~1516年 国 オランダ(当時はネーデルラント) 代表作 快楽の園 干し草車 最後の審判 プロフィール 生まれや環境 ネーデルラントのス・ヘルトーヘンボスという町に生まれたヒエロニムス・ボス。本名は「イェルーン・ファン・アーケン」と言います。ボス(またはボッシュ)と呼ばれるのは、作品に”Bosch”とサインを入れていたことに由来します […]

Read more

ジョット・ディ・ボンドーネ

プロフィール 生誕/死没 1267年頃~1337年 国 イタリア 代表作 荘厳の聖母 キリストへの哀悼 カナの婚礼 プロフィール 生まれや環境 ジョット・ディ・ボンドーネは、イタリアはフィレンツェの近郊に生まれました。 ジョットは、ゴシック美術からルネサンス美術へ移っていく過渡期の画家です。日本で知られている多くの画家はルネサンス期以降の画家なので、おそらく今この記事を読んでいる方にもジョットを知 […]

Read more

ジャック=ルイ・ダヴィッド

プロフィール 生誕/死没 1748年~1825年 国 フランス 代表作 ブルートゥスの邸に息子たちの遺骸を運び込む警士たち ソクラテスの死 アルプスを越えるナポレオン プロフィール 生まれや環境 フランスはパリで商人の子として生まれたジャック=ルイ・ダヴィッド。ロココ美術の巨匠であったフランソワ・ブーシェが親戚におり、そのブーシェの紹介でジョゼフ=マリー・ヴィアンを師事しました。 ダヴィッドが画家 […]

Read more

バルトロメ・エステバン・ムリーリョ

プロフィール 生誕/死没 1617年~1682年 国 スペイン 代表作 無原罪の御宿り 乞食の少年(蚤をとる少年) 聖母子 プロフィール 生まれや環境 バルトロメ・エステバン・ムリーリョが生まれたのはスペインのセビリアという街でした。14人兄弟の末っ子として生まれ、幼い頃に両親が亡くなり、叔父と叔母に育てられたこと以外は、幼少期の頃のことがあまりよく分かっていません。ただ、この叔父が芸術家だったこ […]

Read more

アーニョロ・ブロンズィーノ

プロフィール 生誕/死没 1503年~1572年 国 イタリア 代表作 本を持つ若者の肖像 愛の寓意 エレオノーラ・ディ・トレドと子息ジョヴァンニの肖像 プロフィール 生まれや環境 アーニョロ・ブロンズィーノはイタリアはフィレンツェからほど近い貧しい肉屋の子として生まれました。 “ブロンズィーノ”というのはあくまであだ名で、本名はアーニョロ・ディ・コジモ・ディ・マリアーノ・ […]

Read more

ジェームズ=アボット=マクニール・ホイッスラー

プロフィール 生誕/死没 1834年~1903年 国 アメリカ(活躍をしたのはイギリスとフランス) 代表作 バラと銀:陶磁の国の姫君 灰色と黒のアレンジメント – 母の肖像 青と金のノクターン – オールド・バターシ―・ブリッジ プロフィール 生まれや環境 アメリカのマサチューセッツ州のローウェルという町に生まれたジェームズ=アボット=マクニール・ホイッスラー。 10代のう […]

Read more

ジャン・オノレ・フラゴナール

プロフィール 生誕/死没 1732年~1806年 国 フランス 代表作 ぶらんこ 目隠し鬼 シーソー プロフィール 生まれや環境 南フランスのグラースという町の皮手袋製造業者の子として生まれたジャン・オノレ・フラゴナール。 フラゴナールが6歳の頃に家族みんなでパリへ移住し、フラゴナールは少しの間でジャン・シメオン・シャルダンとフランソワ・ブーシェという2人のロココ美術の巨匠の下で芸術を学びました。 […]

Read more

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー

プロフィール 生誕/死没 1775年~1851年 国 イギリス 代表作 ミノタウルス号の難破 雨、蒸気、スピード – グレート・ウェスタン鉄道 海の漁師たち プロフィール 生まれや環境 ロンドンのコヴェント・ガーデンに生まれたジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー。 コヴェント・ガーデンという地区は、ロンドンきっての繁華街で、ターナーの父親はその場所で理髪師を営んでいました。お客さん […]

Read more

カルロ・クリヴェッリ

プロフィール 生誕/死没 1430年頃~1495年 国 イタリア 代表作 マグダラのマリア 受胎告知 玉座の聖母子(ろうそくの聖母) プロフィール 生まれや環境 ルネサンス初期の画家ですが、なにせ今から600年近くも昔のことなので、この時代の他の画家同様、カルロ・クリヴェッリについても本人に関する詳しい情報は残っていません。後の世、マニエリスム期のイタリアの芸術家であり、「美術家列伝」を著したジョ […]

Read more

ウィリアム・アドルフ・ブーグロー

プロフィール 生誕/死没 1825年~1905年 国 フランス 代表作 ヴィーナスの誕生 地獄のダンテとウェルギリウス クピド プロフィール 生まれや環境 フランス西部の港町ラ・ロシェルに生まれたウィリアム・アドルフ・ブーグローは、若い頃にパリへ出てエコール・デ・ボザールという国立の美術学校へ入学しました。 24歳頃には新人の画家に贈られるもっとも栄誉ある賞「ローマ賞」を受賞し、公費でイタリアへ4 […]

Read more

ジュゼッペ・アルチンボルド

プロフィール 生誕/死没 1527年~1593年 国 イタリア 代表作 春 司書 ウェルトゥムヌスに扮するルドルフ2世 プロフィール 生まれや環境 イタリアはミラノに画家の息子として生まれたジュゼッペ・アルチンボルド。当時は後期ルネサンス時代で、レオナルド・ダ=ヴィンチらルネサンスの巨匠たちの活躍で、写実性が高く人性の強い絵画の絶頂期は越えた時期でした。 アルチンボルドのプライベートな部分はあまり […]

Read more

フェルナン・クノップフ

プロフィール 生誕/死没 1858年~1921年 国 ベルギー 代表作 愛撫 女性の頭部 私は私自身に対してドアを閉ざす プロフィール 生まれや環境 ベルギーの名家に生まれたフェルナン・クノップフ。彼の家系の男子は代々法律家か判事になることが決められていました。なお、父親も判事だったようです。 クノップフもそのつもりでブリュッセルの大学へ進学、法律を学んでいました。しかし、そのときに文学の面白さを […]

Read more

ジョン・エヴァレット・ミレイ

プロフィール 生誕/死没 1829年~1896年 国 イギリス 代表作 両親の家のキリスト オフィーリア 盲目の少女 プロフィール 生まれや環境 イングランド南部のサウサンプトンで馬具の製造販売業者の子として生まれたミレイですが、若い頃から画家としての才能を開花させます。 史上最年少でロイヤル・アカデミー付属美術学校に入学しました。このときミレイは11歳です。そして、16歳のときにはロイヤル・アカ […]

Read more

フランス・ハルス

プロフィール 生誕/死没 1582年(1583年などの説もあり)~1666年 国 オランダ(当時のネーデルラント) 代表作 陽気な酒飲み ルネ・デカルトの肖像 リュートを弾く道化師 プロフィール 生まれや環境 オランダのアントワープで生まれたフランス・ハルスは、すぐに家族でハールレムへと引っ越します。 ハルスが芸術家のギルド「聖ルカ組合」のメンバーに入ったとき、彼は27歳でした。この年齢は当時の画 […]

Read more

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ

プロフィール 生誕/死没 1488年(1490年頃?)~1576年 国 イタリア(当時はヴェネツィア共和国) 代表作 聖母被昇天 バッカスとアリアドネ ウルビーノのヴィーナス プロフィール 生まれや環境 ティツィアーノ・ヴェチェッリオは当時としては非常に長生きで、88歳まで生きたと言われています。そんなティツィアーノはダンテの神曲からの引用で、同時代の人々から「星々を従える太陽」と呼ばれていたそう […]

Read more

ローレンス・アルマ=タデマ

プロフィール 生誕/死没 1836年~1912年 国 オランダ(後にイギリスに帰化) 代表作 ヘリオガバルスの薔薇 見晴らしのよい場所 モーゼの発見 プロフィール 生まれや環境 オランダ生まれのローレンス・アルマ=タデマは、アントワープのアカデミーで絵画を学んだ後、パリへ移住しましたが、普仏戦争が勃発したことで、同じく画家であった妻の祖国イギリスに渡り、そのままイギリスに帰化した画家です。 186 […]

Read more

フラ・フィリッポ・リッピ

プロフィール 生誕/死没 1406年~1469年 国 イタリア 代表作 受胎告知 聖母戴冠 フラ・フィリッポ・リッピ「聖母子と二天使」 プロフィール 生まれや環境 フラ・フィリッポ・リッピは、ルネサンスの真っ只中であった15世紀前半頃に活躍したフィレンツェ派の画家です。 フィレンツェの町の肉屋さんの子どもとして生まれたフィリッポ・リッピは、生まれたときに母親を、2才の頃に父親を亡くし、幼くして孤児 […]

Read more