エコール・ド・パリ


どんな絵画?

  • 20世紀前半、各国各地からフランスのパリに集まってきた画家たちの集団(エコール・ド・パリは「パリ派」という意味)
  • グループ展を開いたり、似たような画風の画家が集まったりしているわけではないので、厳密には画家たちの一派ではない
  • 個性的な画家が多く、後世に影響を残した

どんな時代背景?

  • 1920年代、芸術の都として世界の芸術家から憧れられていたパリ

絵画紹介

マルク・シャガール「私と村」

画像_マルク・シャガール「私と村」

ロシア(現ベラルーシ)出身で、芸術の都パリで活躍した画家、シャガール。幻想的な色合いです。

アメデオ・モディリアーニ「安楽椅子の上の裸婦」

画像_アメデオ・モディリアーニ「安楽椅子の上の裸婦」

イタリア出身の画家だったモディリアーニ。独特なプロポーションの裸婦を多数描きました。