パブロ・ピカソ


プロフィール

生誕/死没

1881年~1973年

スペイン

代表作

パイプを持つ少年

画像_パブロ・ピカソ「パイプを持つ少年」

アヴィニョンの娘たち

画像_パブロ・ピカソ「アヴィニョンの娘たち」

ゲルニカ

画像_パブロ・ピカソ「ゲルニカ」

作風

年代によって作風が異なり、それぞれ「○○の時代」と呼ばれる。

青の時代(1901年~1904年)

ピカソが20歳の頃、親友が自殺したことなどを受け、鬱屈とした心のうちを青い色の絵で表現した。
娼婦や乞食、盲人など、不幸な人を主として題材にした。

 

ばら色の時代(1904年~1907年)

ピカソがパリに出てきて最初に付き合った恋人、フェルナンド・オリヴィエと一緒にいた時期。
明るい色調でサーカスの芸人や、家族、兄弟、少年少女をモチーフとした。

 

アフリカ彫刻の時代(1907年~1908年)

アフリカ彫刻の影響を受けた時代。キュビスムの先駆けとなる「アビニヨンの娘たち」などを制作。

 

セザンヌ的キュビスムの時代(1909年)

スペインに旅行し、数十年前にフランスで活躍していた画家、セザンヌを意識した風景画を制作。

 

分析的キュビスムの時代(1909年~1912年)

モチーフを徹底して分解した、きわめて抽象的な作品を制作。

 

総合的キュビスムの時代(1912年~1918年)

装飾的で色彩豊かな作品を制作。パピエ・コレと呼ばれるコラージュ技法を発明。
新聞紙や壁紙をキャンバスに直接貼り付けるなどして制作をおこなった。

 

新古典主義の時代(1918年~1925年)

古典的な衣服をまとった母子像や女性像を写実的に描いた。

 

シュルレアリスムの時代(1925年~1936年)

化け物のような絵が描かれた時期。一説によると、妻のオルガ・コクローヴァとの不仲が反映されていると言われる。

 

ゲルニカの時代(1937年)

スペインで起こったゲルニカ爆撃を非難した大作「ゲルニカ」を制作。そのための習作であった「泣く女」なども同時期に作成。

 

晩年の時代(1968年~1973年)

油彩、水彩、クレヨンなどさまざまな画材を使用して、カラフルで激しい絵を描いた。この時代は自画像を多く制作。

 

その他情報1 ~エピソード~

もっとも多作な美術家としてギネスブックに掲載

生涯でおよそ13,500点の油絵を素描、100,000点の版画、34,000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作。

 

長すぎるフルネーム

パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・ピカソ。

 

恋多き画家

生涯2度結婚し、3人の女性との間に4人の子どもを作った。

 

その他情報2 ~名言~

  • 優秀な芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む。
  • 子供は誰でも芸術家だ。問題は、大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。
  • いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ。