写実主義


どんな絵画?

  • 理想や空想ではなく、ありのままの現実が描かれた
  • 低賃金で働く労働者や農民などが好んで描かれた
  • 一方で、風景画家たちは独自にパリ郊外のバルビゾン村でありのままの自然を描いた作品を制作(バルビゾン派)

どんな時代背景?

  • イギリスで起こった産業革命により貧富の差が広がった

絵画紹介

ギュスターヴ・クールベ「オルナンの埋葬」

画像_ギュスターヴ・クールベ「オルナンの埋葬」

「わたしに天使を描けというなら、天使を見せてくれ」と言ったクールベ。ありのままの姿を忠実に描き出した写実主義の画家です。

オノレ・ドーミエ「三等客車」

画像_オノレ・ドーミエ「三等客車」

挿絵画家でもあるドーミエには、鋭い観察眼で庶民を描いた作品が多いです。

ジャン=フランソワ・ミレー「落穂拾い」

画像_ジャン=フランソワ・ミレー「落穂拾い」

ミレーなど、バルビゾン派の画家たちは、農民の風俗や風景を主として描きました。