シュプレマティスム


どんな絵画?

  • キュビスムを応用して発展した芸術運動「ロシア構成主義」にも大きく影響を与えた絵画形態の一つ
  • 単純な図形の中に全てを表現したのがシュプレマティスムで、抽象絵画の極みといえる

どんな時代背景?

  • 17世紀までビザンティン美術が続いていたロシアでは、18世紀にピョートル大帝主導のもと、西洋の芸術家や絵画を積極的に国内に招き、西洋の影響を受けた絵画が生まれ始めた
  • 20世紀になるとロシア独自の絵画を生み出す機運が高まった

絵画紹介

カシミール・マレーヴィチ「黒の正方形」

画像_カシミール・マレーヴィチ「黒の正方形」

シュプレマティスムを始めたマレーヴィチは哲学的に芸術を突き詰め、絵画の中から意味を徹底して排除した。

カシミール・マレーヴィチ「シュプレマティスム」

画像_カシミール・マレーヴィチ「シュプレマティスム」

単純な図形とその構成のみでの表現には、ある種の禁欲的な態度も見てとれる。