Artfansとは?

ご挨拶

みなさん、こんにちは。
Artfansの中の人、ナナシロです。

Artfansは2020年から本格的にスタートする、美術のエンタメメディアです。

YouTubeチャンネルと連動して、世界中の楽しい美術の話をお届けしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

……な〜んて堅苦しい挨拶は以上!!

ぶっちゃけ、美術系のコンテンツってどれもこれもなんかお勉強感があって嫌なんですよね〜。笑

なので、ここからはくだけた感じでいきます。

美術ってなんか分かりづらい

そう、美術って分かりづらいんですよ!

感受性が豊かで作品の世界に没頭できる人であれば、前提知識が何もなくても楽しめるのかもしれません。

でも、

え?これ美術作品なの?意味わかんないんですけどww
ってかこれ、絵下手くない?w

っていう作品もたくさんあるんですよね〜。

例えば、ピカソの絵画なんてもう何がなんだかですよね。

パブロ・ピカソ「女とマスタードポット」(参照:Wikipedia

これのどこが美……?!?!

何度も言いますけど、ぶっちゃけ分からないんですよ!

でも前提知識があると楽しめる

もちろん純粋に作品を楽しむのもありです。

というか、本来はそうやって楽しむものだと思うんです。

とはいえ、人間って分からなすぎると楽しめないんですよね〜。

なので個人的には、美術は前提知識があった方が100倍楽しめると思っています。

僕も大学で西洋美術史のゼミに入るまでは、まったく美術に関する前提知識が無かったんですが、

趣味は芸術鑑賞です

って言えたら、なんかこう、

かっこいいじゃん!!!

そう、僕は完全なかっこつけで美術館とかギャラリーに行っていました。

なので、

いやぁ……これはこれは……良い作品ですねぇ
(この作品の良さはまっっったく分からないし、ぶっちゃけもうこれ以上見るのは飽きたが、とりあえず分かっている風に振る舞えば、なんかすごい人っぽく見えるからそうしておこう。隣の彼女も僕にメロメロだぜへっへっへ)

という感じだったんですよ。

「自分も同じだわ…!」っていう人、いるんじゃない?w

ですが、ゼミで西洋絵画の研究を続け、作品の裏側や時代背景、芸術家の生い立ちや性格、人間関係などを知っていくうちに、

美術って漫画とか映画と並ぶくらいおもろいな!!

となったのです。

ただ勉強って嫌だよね〜

たぶん

「美術鑑賞をもっと楽しみたい」→「前提知識を得よう!」

となっている人はたくさんいると思うんですよ。

だから、本屋さんにも美術やアートの入門書みたいなのがたくさんあると思うんですよね。

それに昨今は、

できるビジネスマンや稼いでいる社長さんはアートの歴史を抑えている!

みたいな話が盛りがっているようで、ビジネス書コーナーにもこの手の本が平積みされています。

なので、僕も何冊か手にとって読んでみたんですよ。

……

…………

いや、これ普通に教科書じゃん!!お勉強じゃん!!

読む気にならんわ!!!

毎日仕事している忙しい人が、仕事に直接関係ないお勉強なんて、そうそうやる気になりませんよ、そりゃ!

だからArtfansを立ち上げた

だから僕は、

  • ミーハーで美術館へ行くけど実はちんぷんかんぷん
  • 実は美術について勉強中だけどもっと面白く学びたい
  • 女の子とデートするときにアートのウンチクかましてドヤりたい
  • できるビジネスマンになるために美術史を抑えたい(あ、でも楽しく手軽じゃないと無理w)
  • サブカル女子ブランディングのためにアートが趣味って言いたい

みたいな、欲にまみれた人たち(笑)に美術の面白さを届けたいと思い、このメディアを立ち上げました。

Artfansはただの美術メディアではなく、美術のエンタメメディアです。

老若男女どんな人が読んでも面白いと思えるメディアとなっています。

なんならいっそ、美術にそんなに興味がなくてもただエンタメとして楽しめる、そんなメディアを目指しています。

ArtfansはYouTubeと連動型のメディア

なお、文章で読むのが好きな人もいる一方で、映像とかの方が好きっていう人もいると思うんですよね。(僕がそうなんですがw)

なのでArtfansはWebメディアだけでなく、YouTubeチャンネルとも連動して更新していきます!

※YouTubeチャンネルは現在準備中

実を言うと、僕ナナシロはまったく別ジャンルではありますが、YouTuberをしております……w

そこでのノウハウを活かしてYouTubeチャンネルもやっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

もうちょっとお堅い話は…

僕がどういう思いでArtfansを立ち上げたかはざっくりお話ししましたが、僕がなぜArtfansというメディア事業を立ち上げたのか、もう少し突っ込んだ(&真面目な)お話は、以下で書かせていただこうと思います。

それも気になるよ!って方は、良かったら読んでみてください。